趣味のトールペイントと2匹のにゃんこ、自転車乗りで天才画伯の旦那ちゃんとのラブラブハッピー生活のブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月25日(金)のなっちゃん
2008年07月26日 (土) | 編集 |


しばらく更新しないつもりでしたが‥‥

ここに書いたら‥‥少しは冷静になれるかな‥‥‥?って思ってアップします。


実は先週くらいから、なっちゃんが一番懸念されていた呼吸器疾患の症状が現れはじめました。

先週はちょっと呼吸が速いくらいだったのが、

今週‥‥‥ここ数日はおトイレに行って帰ってきただけで、息があがる状態。

病院に連れて行くこと自体が、なっちゃんに負担になる感じでした。

最終的な治療法は、病院に預けて『酸素ボックス』の中で生活‥‥‥

わたしと旦那ちゃんと話し合った結果、

「酸素ボックスは過度な延命治療なんじゃないか?」

「なっちゃんはおうちで美味しいものを食べてる時が一番幸せなんじゃないかな?」

なので、この先このままおうちで静かに見守ってあげよう。って二人の意見が一致しました。


実際相当具合の悪いはずなのに‥‥食欲は落ちないで、エサのほかに鶏肉やチーズなんかもいっぱい食べてました。


そして昨日の朝、大好きな鶏肉を食べた後、しばらくして呼吸が異常に早く、ハァハァ‥‥‥

病院に連れて行ったら、そのまま酸素ボックスへ‥‥

夕方様子を見に行ったら、なっちゃんはとても酸素ボックスの中で元気になっていました。

調子が良さそうなので、おうちに帰ることに‥‥‥

家に着いてから、なっちゃんは慌てておトイレに行きました。ペットシーツが敷いてあるんだから、我慢しなくても良いのに‥‥

1時間が過ぎた頃、また呼吸がおかしくなりました。そしてまた病院へ‥‥‥‥。


夜様子を見に病院に行くと、なっちゃんは酸素ボックスの中で、また元気になってました。

私に気づくと、箱の中でずーっとゴロゴロゴロゴロ言って‥‥‥‥。

箱に近づけた私の手にすりすりしてきました。箱で隔てられてるのに‥‥‥。


そんなけな気ななっちゃんを見ていたら、涙が溢れて止まらなくなってしまった。

そしてなっちゃんを病院に置いていく自責の念にかられて、さらにポロポロ涙がこぼれた‥‥。


          「どうしてそんな顔するの?」


なっちゃんはそんな顔でわたしをずーっと見ていた。

わたしが泣いたのは、なっちゃんの病気が発覚してからはじめてだったから。


明日自宅に、酸素濃縮器が届く予定です。

それがあったら、なっちゃんはおうちでも酸素療法ができるから‥‥。


それまで病院で頑張って欲しいな‥‥‥‥‥。ごめんね。なっちゃん。



最後に‥‥‥いつも応援してくれるブロガーのみなさん。

みなさんの温かい励ましのお言葉、とても心に染み入ります。

読んでるうちに、また涙が止まらなくなっちゃった。ありがとう。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。